2018-03-31

満四年

明日で4月。もし院に進学してれば博士の折り返しか、修士で長期履修を終えたころでしょうか。前ほどはifな想像をしなくなりましたが、それでも周りを見る度に感傷的な気分になることはあります。
「音大に進学していたら」
「上京せず地元に残っていたら」
「早々と留学してたら」
「入門してたら」
「会社勤めしてたら」

どれもそれなりに面白いなと思うのですが、どの選択肢もとらず今日で音楽活動満4年を迎えます。1年目の惨状を思い返すと、こうして続けていられるのはほんと奇跡だなと思います。今でも毎日綱渡りの心境ですが、次第に慣れてきました。
5年目はお店の場合売り上げが下がったり、ほころびが出てくる年らしく気を引き締めたいと思う一方、じたばたしても仕方ないのでやれることをやろうと思う次第です。
失ったものも多いんでしょうが、得たものも同じくらいあると信じたいものです。得たものをただ単に懐かしむのではなくて、今後の人生への足がかりに出来るよう、常に前を向く5年目にしたいと思います。
来月で27になることもあり、そろそろ公私の私の方もなんとかしたいものです。頑張ります。